安めの家を建てる案

“一戸建てに住む場合、特に新築の場合は、一生その家に住むことを前提に考えます。
ですが本当にそうするべきでしょうか。
ある程度短期的に住む家を立てる、という考えも必要かもしれません。

たとえば、家を建てる時に、お金の計算してみて、一戸建ての方が賃貸に住み続けるよりも安く済む、という考えにたどり着いた人もいるでしょう。そういう場合、一生住むよりも、十年、十五年、二十年、と区切って、計画的に住むという考えもあるわけです。

1500万円で家を建てて、十五年住むとしたら、一年当たり100万円、一ヶ月あたり8万3千円程度です。
家の規模にもよりますが、かなりお得になるのではないでしょうか。
もっと安く建てれば安く済みます。

また家族構成の変化によって、これまでの家ではまずいかもしれない、といったことも起こります。そういう時にも、いったん安く建てるというのは有効です。

空き家も増えていますから、不動産がどの程度の資産になるかもわからず、高額な一戸建てを建てて、困ったら売る、というやり方がギャンブルになるかもしれませんから、予行演習としてもいいでしょう。

安めの家を建てる案” への1件のフィードバック

ただいまコメントは受け付けていません。