一戸建て住宅に支払う住宅ローンは充実感が

“マンション生活だった頃は、毎月の家賃に十数万円が消えていくのが、なんだかむなしく感じていました。一戸建てマイホームを建てて、そのむなしい感情がなくなったという点にしても、大きなメリットだと言えるでしょう。

住宅ローンは、なんだかんだと考えて二桁万円にしましたが、しかし以前住んでいたマンションに対して、定年前支払う金額を考えたら、やはり一戸建て住宅の方がずいぶんと費用が安いですもん。まあ、以前住んでいたマンションは、マンションだからこそあの値段の家賃だったと言えるのですが。管理費や修繕費の積み立てやなんやと、ボーナス付きの住宅ローン返済金額のお金ぐらいが年間でかかっていましたから。

その「マンション自体のお金以外の部分(管理費や修繕費の積み立て)」を考えても、やっぱり一戸建てマイホームを推しますね。まあ、すべては一戸建てマイホームを建てる土地代によるところが大きいですが。建物自体の値段はどこの地域でも変わらなくても、土地代によってその家の全体費用が決まりますから。

とにかくやっぱり、「自分の家に対してお金を支払う」という感覚がある一戸建てマイホームは至高だと思ってしまいます。”