住宅の吹き抜けと光熱費の問題点

“住宅の吹き抜けに魅力を感じている方は、とても多いです。確かに吹き抜けがあると、とても広々とした雰囲気になります。広い方が快適だと感じられますし、リビングに対する吹き抜けを検討している方も多いです。
しかし吹き抜けにはデメリットがある点も、忘れてはなりません。確かに広々するのですが、冷暖房の効率の問題があるのです。
建物内の温度を調整する為には、もちろんエアコンを使用する事になります。しかしエアコンが十分に力を発揮してくれるかどうかは、広さ次第なのです。
建物内が広いと、なかなかエアコンが効果を発揮してくれない事があります。それで失敗したと感じている方々も、少なくないのです。
また建物の中が広いと、光熱費も高く付いてしまいます。広い建物の温度を調整する為には、エアコンにも多くの負担が生じてしまうのです。
注文住宅に住んでみた結果、光熱費が高くて困ったという実例は、よくあります。建物は、あまり広くしすぎないよう注意が必要です。”